映画「ショーシャンクの空に」あらすじ

銀行の仕事をするアンドリュー(アンディー)は妻の愛人の男の二人を殺した罪でとらえられるが、無実をずっと訴えたが終身刑になり監獄に入れられてショーシャンクの刑務所の暮らしが始まる。ショーシャンクの刑務所は長く入っている調達を担当している服役しているレッドがいた。レッドは仮釈放で更生したというがいつも却下されていた。レッドが落ち込みそこへアンディーが連れられてくる。所長と刑務官に脅された感じで色々ショーシャンクを紹介されて新人の受刑者が刑務官の暴力で死んでしまった。レッドと仲良くなったアンディーは石を集めるためにハンマーをお願いする。アンディーは性的なことをボッグズにうけていた。アンディーは刑務官の遺産相続の問題を解決して受刑者の為にビールを刑務官に要求した。そして仲間たちから尊敬される。刑務官にも一目おかれるようになった。刑務官がボッグズをやっつけてくれてそれから襲ってこなくなる。リタのポスターを退院の祝いにもらう。アンディーは図書の係になり静かに生活できるようになった。年老いた囚人のブルックスの助手になり、仮釈放のブルックスは外の生活が出来ず首吊りをする。アンディーはフィガロの結婚を流して音楽と希望は誰にも奪えないものだ。という。州に手紙をおくり続けたアンディー。囚人たちにも色々と知恵をつけてあげるアンディー。メキシコに逃亡することができ、無事にそとでレッドと再会することができる。雨がふるそれを体いっぱいに浴びるアンディー。

映画「ショーシャンクの空に」感想

この映画は一番の映画は何ですが、というとこのショーシャンクの空にと言ってしまいます。このジャケットのアンディーが外へ出た時の雨を浴びるシーンが印象的でいまだにこれを見ると感動します。このジャケットの絵だけで感動するという。こんな映画はないなと思うくらいに衝撃と感動の最後のラスト部分は凄いです。自分の人生はそんな平凡で感動的なことはほぼあるのかというくらいの人生です。でもこれを見て平和に暮らせることの喜び、えん罪で収監されてしまうという悲劇が世の中には沢山ある。でもこのアンディーは本当に頭が良かった。そしてみんなの為にもビールを入れてくれる優しさ。罪を犯していないのにこんな目にあっても必死で知恵を絞って頑張っている。だからこの映画はすばらしい。過酷な運命に翻弄されても自分のやりたいように刑務所の中で生きているところも応援したい所です。レッドの演技力も素晴らしい。刑務官たちの考え方も変えてしまう人徳のなせることかなと思います。

映画情報サイト「映画の虜」