映画「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」あらすじ

遠い昔、はるか彼方の銀河系で。
銀河系を武力と恐怖で制圧しようと目論む銀河帝国に対し、抵抗活動を続けていた反乱軍は、帝国軍の最強兵器と言われているデス・スターの設計図を盗み出すことに成功します。設計図は反乱軍のリーダーの1人・レイア姫に手渡されますが、帝国軍を率いるダース・ベイダーがレイア姫を捕らえます。レイア姫は捕まる寸前、帝国軍が勢力を拡大する前に銀河系の平和を維持する活動を担っていた「ジェダイの騎士」の生き残り、オビ=ワン・ケノービに助けを求めるメッセージをドロイドのR2-D2に託し、自分の乗った宇宙船から逃がしていました。R2は相棒のドロイドC-3POと共に砂の惑星タトゥイーンに降り立ちますが、砂漠でタトゥイーンのジャンク屋に捕まってしまいます。ジャンク屋からR2とC-3POを買い取ったのが、タトウィーンで叔父夫婦と共に農家を営む青年、ルーク・スカイウォーカーでした。ルークはR2の整備をしようとして、レイア姫がR2に託したメッセージ映像を見つけます。その後、ケノービを探すため姿を消したR2をルークが探しにいくと、砂漠の獰猛な種族に襲われてしまいます。それを救ってくれたのが、タトゥイーンでは変人扱いされていたオビ=ワン・ケノービでした。ルークはケノービがジェダイの騎士の生き残りと知り、興奮します。そしてケノービは、ルークの父親もジェダイだったと語ります。これまで帝国軍の追跡を逃れるためタトゥイーンで隠遁生活をしていたケノービでしたが、レイア姫のメッセージをきっかけに、ジェダイの血を引くルークと一緒に再び立ち上がることを決意します。こうして、銀河の辺境にある星で農業に従事していた1人の青年が、銀河の平和を守るために立ち上がることになるのでした。ケノービはタトゥイーンでハン・ソロという腕利きのパイロットを見つけ、彼の操縦するミレニアム・ファルコン号で、レイア姫を救うべくタトウィーンを旅立ちます。敵の本拠地デス・スターに乗り込んだ一同は、なんとかレイア姫を救出しますが、ケノービはダース・ベイダーとの戦いに敗れ、その肉体が消滅してしまいます。レイア姫が持っていたデス・スターの設計図から弱点を分析した反乱軍は、戦闘機の編隊でデス・スターに攻撃を仕掛けます。反乱軍の一員として戦闘機に乗り込んだルークは、ハン・ソロの助けもありダース・ベイダーの追跡をかわしながら、ケノービから教わった「ジェダイの心得」を用いて、見事にデス・スターの弱点である排気口へ爆弾を打ち込みます。デス・スターは壊滅、反乱軍は帝国軍に対し、初めて大きな勝利を収めたのでした。 

映画「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」感想

現在もシリーズの製作が続いている、壮大な「スター・ウォーズサーガ」の記念すべき第一作目です。本国アメリカで公開される前はさほど話題になっていた作品ではありませんでしたが、公開後にクチ込みなどでその面白さが次々と伝わり、全米映画の興行記録を塗り替える歴史的な大ヒットとなりました。何回も見に行く「リピーター」も続出し、会社や学校では「スター・ウォーズ見た?」が合言葉になるほどの社会現象となりました。ジョージ・ルーカスがずっと暖めていた、SFだけでなく海賊映画、西部劇、日本映画など自分が影響を受けたあらゆるエンターテイメント作品の要素を詰め込んだ本作は、まさにアメリカ映画史上に残る作品となりました。ルークやハン・ソロ、レイアといった主人公だけでなく、敵役であるダース・ベイダー、ドロイドのR2-D2とC-3POも大人気となり、ファンは作りこまれた世界観の中で登場する銃や戦闘機などのアイテムまで追いかけるようになりました。間違いなく、映画史にその名を刻む1作であると思います。